NewsList

《渋谷・代官山》あの童謡はイタリア生まれの日本育ち!?

こんにちは、渋谷と代官山の間にある
南イタリア、シチリア料理のお店

『ピノサリーチェ』です。

イタリアのカンツォーネといえば
『オーソレミーオ』『プッチーニ』の誰も寝てはならぬ

など、日本ではオペラ劇場で、
またはゴンドラの上でアコーディオンとともに
歌われる歌というイメージがあるかもしれませんが

実は「カンツォーネ」というのはイタリア語で
「歌」という単語なのをご存知ですか?

日本でおなじみで有名なあの童謡

・黒猫のタンゴ
・フニクリ・フニクラ

も元はイタリアのカンツォーネだそうです。

フニクリ・フニクラは1880年代、
ベスビオ火山にある登山列車「フニコラーレ」
にお客さんが集まってもらえるように作られたそうです。

黒猫のタンゴはオリジナルの歌詞は違いますが、
日本語訳はとてもかわいらしいので
大ヒットを生んだのかもしれませんね。

僕の恋人は黒い猫♪

という歌詞になんとなく、イタリアの雰囲気が
出ているような気がするのは私だけでしょうか。

童謡まで日本になじみのあるイタリア。
料理もマンマの伝統の味が日本人の舌を喜ばせてきました。

渋谷と代官山の間にある南イタリア・シチリアのお店
『ピノサリーチェ』も黒猫のタンゴの様に末長く、

皆様に愛される様なお料理を楽しめる空間と時間を
ご提供させて頂きます。

南イタリアのトラットリアのように可愛い小皿料理で
バラエティ豊かな前菜や郷土色豊かなパスタなど、

本場シチリアで修行したシェフによるシンプルな素材を
生かした肉や魚、そして自家製にもこだわっております。

ワインも自然派ワインやビオワインと豊富な種類で
テイスティングもできるワインバーのサービスも
ございますので好きな味を探してみてはどうでしょうか。

飲み友達同士でも、食事好き同士でも色々な
シチュエーションで気軽に訪れて頂きたいと思います。

私たちが大好きな南イタリアの料理を召し上がっていただき
喜んでいただければ嬉しく思います。

本日も
最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 渋谷 ランチ イタリアン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP